お布施 書き方 封筒

お布施の封筒の書き方について

お布施は、葬儀や法事の時などに、読経をして下さった僧侶に、お礼としてお渡しするお金のことです。

 

もちろん、現金です。

 

このお布施を入れる封筒、そして書き方にも、マナーがあります。

 

袋は熨斗袋を使いません。

 

白い封筒を使います。

 

この時にも、注意が必要です。

 

白い封筒は必ず二重になっているものを使わないようにします。

 

一重のものです。

 

二重のものを使うと、不幸が重なってしまうという事を意味して、大変不吉であるためです。

 

また、郵便番号欄が入っていないものを使います。

 

しかし、最近では市販ののし袋を使うこともありますし、受け取る側の僧侶もあまり拘りません。

 

その場合、関西では黄白の水引きのものを使いますが、双銀の水引き、黒白の水引きを使うこともあります。

 

また、関東の場合は、葬儀の時は、双銀の水引き、黒白の水引きです。

 

法事の時は黄白を使う事が多いです。

 

表書きに書くものは、お布施、御布施、御経料などです。

 

表の上半分に書きます。

 

表の下半分には、施主の名前を書きます。

 

田中家などのように姓だけでもいいですし、田中一郎のように姓名ともに書くこともあります。

 

この書き方で注意が必要なのが、筆の墨です。

 

弔いのことなので、薄墨と思いがちですが、それは違います。

 

普通の真黒な墨で書くのがマナーとされています。

 

もっと正式な形にしたい場合は、現金を半紙で包みます。

 

そして、その後、奉書紙で包む方法が正式なものです。

 

のし紙は使わないので、注意しましょう。

 

また、僧侶にお渡しする時は、直接手渡しは失礼にあたります。

 

もちろん、床に置くのもNGです。

 

切手盆があれば、切手盆が一番ふさわしいでしょう。

 

しかし、家にない場合は、袱紗や風呂敷など、もしくは菓子折の上にのせて、お渡しします。

 

このように、お布施の封筒、書き方には色々とマナーがあります。

 

しっかりと下調べした上で、読経をあげて下さる僧侶へのお礼の気持ちをこめて、用意をするようにしましょう。

お布施 封筒 書き方記事一覧

お布施 金額 書き方

お布施とは、法事や葬儀の際、お寺のお坊さんに渡す謝礼の事を言います。お布施を渡す際に、水引付きの袋を使う事が多いようですが、実は白い封筒が本式です。本来は白い半紙に包んで奉書紙に入れてお渡ししていたらしいですが、時代が下って不祝儀袋が広まったそうです。この際は、黒白、黄白(関西に多い)、双銀(関東に...

≫続きを読む

葬儀 お布施 書き方

お布施とは、葬儀などの時に渡す、僧侶への謝礼のことをいいます。戒名料などを含めることもあります。一般的には、枕経、通夜、葬儀、告別式、還骨勤行すべて通して渡しますが、最近では、初七日までの分までまとめて渡すことも多いです。初七日の日にちを別にする場合には、また別に渡します。その相場は、一般的には20...

≫続きを読む

四十九日 お布施 書き方

四十九日をはじめとする法要を行った場合、当然ながら僧侶に来ていただいて読経をしてもらいます。お通夜や告別式に参列することはあっても僧侶へのお布施を用意する機会はそうありませんから、お布施の表書きなどをどう書いたらよいのか悩むのではないでしょうか。一般的に通夜・告別式のときは水引のかかった不祝儀袋を使...

≫続きを読む

浄土真宗 お布施 書き方

お布施とは「布施」の丁寧語で、現在の日本では、一般的に読経や戒名を頂いた謝礼として寺院や僧侶に金品を渡すこと、または渡す金品を指します。布施はサンスクリット語で「ダーナ」と言い、漢字では「檀那」、「旦那」と書かれます。仏教の特徴である「慈悲」の心を持って、他人に財物などを施すことを意味しています。金...

≫続きを読む

一周忌 お布施 書き方

一周忌とは、亡くなってからちょうど1年目の同月同日の事を言います。法要というのは、、亡くなった人の親族が集まり、亡くなった人をしのぶ儀式です。ですから一周忌法要は、亡くなってから一年目に親族や、友人、知人も集まり、僧侶の読経の後、一同で焼香、会食(お斎)をして、故人を思い出し、残された人達は、元気に...

≫続きを読む