一周忌 お布施 書き方

一周忌に僧侶に渡すお布施の書き方につて

一周忌とは、亡くなってからちょうど1年目の同月同日の事を言います。

 

法要というのは、、亡くなった人の親族が集まり、亡くなった人をしのぶ儀式です。

 

ですから一周忌法要は、亡くなってから一年目に親族や、友人、知人も集まり、僧侶の読経の後、一同で焼香、会食(お斎)をして、故人を思い出し、残された人達は、元気に明るく生活をしている事を故人に報告する儀式です。

 

そのとき、読経をしてくださった僧侶に、渡して、仏様にお供えして頂くのがお布施です。

 

僧侶は、お布施を「お預かりする」と言う言い方をします。

 

最近は、僧侶の読経へのお礼と言う意味が強調されていますが、本来は、あくまでも仏様へのお供えなのです。

 

法要の場合の僧侶に渡す包み紙の水引きは、関西では黄色と白ですが、ほかの地方では、総銀の袋か銀白ののし袋または、京都から遠い地域では、黒白のところもありますが、それ以外にも奉書封筒(文法具屋さんに売っていて、水引のかかってないものです)を使ってもいいのです。

 

表中央に御布施と書き、のしの下に、葬儀の時に喪主であった人の姓名を書くか、○○家と言う書き方をします。

 

中袋の表でも裏でもいいですが、お布施の金額を書きます。

 

中袋の裏に住所、氏名を書き込みます。

 

法要後の会食に僧侶が出席されなければ、別袋に「御膳料」と書いて、食事料を包みます。

 

更に法要の会場が、自宅またはホテルであれば、僧侶にその場所まで来て頂くのですから、別の袋に「御車代」と書いて渡します。

 

御膳料と御車代は、御布施と同じのし袋を使用します。

 

更に卒塔婆を立てる場合は奉書封筒に御卒塔婆料と書いて、渡します。

 

卒塔婆は、施餓鬼会(せがきえ)や法要や、納骨のときに故人の供養のために立てるのです。

 

この御布施、御膳料、お車代、御卒塔婆料は、必ず別包みにしてください。

 

一緒に包んではいけません。

 

なおお布施など、これらを僧侶に渡す時は、手盆に載せて渡します。

 

ホテルなどで手盆のない場合は、袱紗(ふくさ)に包んで渡せばいいのです。

 

袱紗とは、のし袋を包むための小さい風呂敷です。

 

弔事と慶事の両方に使えるように紫の袱紗を一枚持っておくと便利です。


一周忌 お布施 書き方関連ページ

金額
葬儀
四十九日
浄土真宗