葬儀 お布施 書き方

葬儀のお布施の書き方について

お布施とは、葬儀などの時に渡す、僧侶への謝礼のことをいいます。

 

戒名料などを含めることもあります。

 

一般的には、枕経、通夜、葬儀、告別式、還骨勤行すべて通して渡しますが、最近では、初七日までの分までまとめて渡すことも多いです。

 

初七日の日にちを別にする場合には、また別に渡します。

 

その相場は、一般的には20万円以上ですが、お寺や地域によって違ってきますので、確認が必要です。

 

基本的に金額の上限はありません。

 

ですので故人のお寺との親交が深かった場合には大目に渡すこともあります。

 

葬儀の際、僧侶の読経後、お礼として現金を袋に入れて渡します。

 

その場合の袋ですが、よくあるのしぶくろは使わず、白い封筒を使います。

 

この時使う封筒は、二重になっているものは、「不幸ごとが重なる」という観点から、避けるほうが無難です。

 

また郵便番号欄の無い白い封筒を使用します。

 

お布施の書き方ですが、まず表書きとしては、「御布施」、「お布施」などが一般的です。

 

封筒の下段部分には、施主の苗字か、あるいは施主の氏名を書くことが多いです。

 

また香典などとは違い、薄墨ではなく、黒い墨で書くことが大切です。

 

基本的には、お金は半紙などの中包みに入れて、奉書紙で包む方法が、最も正式なやり方とされています。

 

渡すときに、必要であれば、お車代や御膳料もいっしょに僧侶に渡します。

 

その時、直接手渡しするのは避けます。

 

かならず小さな盆にのせて用意しておき、渡します。

 

その場合の盆は、切手盆などがあれば一番良いですが、無い場合には、小さ目の盆を用意し、文字の正面 をかならず僧侶の方に向けて、渡すようにします。

 

またお布施を渡す機会としては、葬儀だけでなく、四十九日、一周忌、三回忌といった主な法要の時にも渡します。

 

その場合にも、読経のあとで行う焼香や会食の後、謝礼としてその都度渡しします。

 

また四十九日を過ぎてから初めて行う初盆の法要の時にも渡します。

 

この場合も、読経のあと焼香、会食を行った後、謝礼として渡します。


葬儀 お布施 書き方関連ページ

金額
四十九日
浄土真宗
一周忌