四十九日 お布施 相場

四十九日のお布施の相場はいくらか

極楽浄土に行けるか判決が出るとされ、忌明けとされる四十九日の法要の際、お寺の住職に読経していただいたらお礼として現金を渡します。
もちろんその人数などによってばらつきはありますが、一般的に約三万円程度からが相場です。
袋は熨斗袋ではなく、不幸を重ねる意味を持つ二重封筒などを避けた白い封筒を使うと良いでしょう。

 

 

表書きは薄墨ではなく普通に墨で「御布施」または「御経料」などと書き、下段には「○○家」と施主の名前を書きます。
またお布施の他にも自宅や、その他セレモニーホールなどに来ていただく際は「お車代」が必要となります。
その際の相場は五千円から一万円程度、封筒は先述と同じように白い封筒を使います。

 

 

また、会食の席を用意しているにもかかわらず、会食を辞退される場合には「御前料」が必要となってきます。
その際の金額は五千円から二万円ぐらいとなります。
ですので、全体でお寺の住職に支払うお金は少なくとも三万円、その他もろもろつくと、多くて六万円程度であるということができます。

 

 

もちろんこれは一般的な相場であって、例えば地方によってもその相場は大きくことなってきますし、檀家であるか否かや、その規模によってもことなってきます。
最後にお布施を僧侶に渡すタイミングは僧侶が帰られる際で、この場合は手渡しをせず、小さなお盆などにのせ、文字の正面を僧侶の方に向け渡します。
そのタイミングで本日のお礼などを一言添えて渡すのが良いでしょう。