法事 お布施 お金の入れ方

法事のお布施を袋に入れる時のお金の入れ方

法事の時に使うお布施を入れる袋のお金の入れ方のしきたりはどのようなのがあるのでしょうか。
初めての法要ですと、何かとわからないことが多いです。
通夜や葬式葬儀とか、または法事法要などの時に、お悔やみ金を包む袋として不祝儀袋を使います。

 

 

この場合のお金の入れ方は、一般 的には不祝儀袋と中包みに対して、お札の裏面が表に来るように入れるのが慣例となっています。
新札を居れずに使用済みのお札を入れることも慣例となっています。
しかし、不祝儀袋に入れるお札の向きにや新札とか古い札とかは厳密に決まりはないとされています。
では法事の時のお布施に使う袋には不祝儀袋とお金の入れ方に違いはあるのでしょうか。

 

 

お布施は昔は半紙や白封筒等でに入れていました。
今では市販の袋が販売されていますので、こちらを使う方が増えています。
袋も地域性があり、関西や関東などでは違いがあります。

 

 

関西では黄白の水引が多く使われています。
関東では双銀か黒白の水引が多く利用されています。
しています。 法事の時は黄白の水引が多いようです。

 

 

不祝儀袋にあるような袋に水引のあるなしやお布施のお金の入れ方向き、新札か古い札かどうかは関係はありません。
大切なことはおくる人の気持ちが重要です。