曹洞宗 お布施 相場

曹洞宗のお布施の相場について

お布施とは、僧侶へ読経や戒名を頂いたお礼として、お渡しするお金のことをいいます。

 

 

読経料や戒名料という言葉は使用しません。
「御布施」と表に書いて、半紙か、白い封筒にいれて、水引はかけずに渡します。
また、相手に不幸があったわけではないので、不祝儀袋は使用しません。
僧侶へお渡しするときは、直接ではなく、菓子折りやお盆に乗せる形が望ましいです。

 

 

御布施の金額は、宗派や地域などによちって、様々でその相場も幅広いです。
各宗派のお寺によって、考え方も違ってくるので、お渡しする前に、直接伺いをたてるといいでしょう。

 

 

また、菩提寺ではなく、葬儀社などにお願いして、手配して頂いた僧侶の場合は、その葬儀社に相談すると、
大体の相場を教えてもらえます。

 

 

以下は、主な宗派の曹洞宗のお布施の料金の相場です。
戒名や文字数によって、かなり変わってきます。

 

 

居士・大姉(6文字)
50万円から80万円

 

院居士・院大姉(9文字)
100万円から

 

 

これも、あくまで、平均的な相場なので、曹洞宗でも、それぞれのお寺によって、また変わってきたりするので、
お渡しする前に、僧侶の方か、もしくは、葬儀社の方に相談するといいでしょう。

 

 

御布施には、あくまで気持ちであり、あくまで、故人を送るための葬儀と考えることが大切です。