真言宗 お布施 相場

お布施の相場について 真言宗

お布施とは、葬儀の際に、御寺や僧侶に対して、読経や戒名をつけた頂いたときに、お礼として渡す
お金のことをいいます。

 

 

他に、葬儀以外の法要(四十九日、納骨、一周忌、三回忌など)でも、お布施は必要になります。
その相場は、各宗派によって異なり、また、地域やお寺によっても変わってきます。

 

 

真言宗の場合の戒名を、それぞれ頂いたときの相場です。
それぞれ、男性、女性とあり、文字数が多いと、お布施の金額が高額になります。

 

 

 

男性 ○○院殿□□□大居士 女性 ○○院殿□□□清大姉  100万円以上です。
    ○○院□□□居士        ○○院□□□大姉  100万円からになります。
    ○○院□□□信士        ○○院□□□信女  80万円からです。
    □□□居士            □□□大姉     50万円から70万円です。
    □□□信士            □□□信女     30万円から50万円です。

 

 

 

また、法要の場合は、次のような相場になります。
御布施 3万円ぐらいです。
お車代は、5千円から、一万円ぐらいです。
御膳代は、5千円から二万円くらいで、会場の格やランクなどによって変わります。

 

 

御膳代は、僧侶が会食に参加されなかった場合で、された場合は、お布施と、お車代、引き出物などをお渡しします。

 

 

納骨の際の場合です。
御布施または御経料は、3万円ぐらいです。
お車代は、5千円〜1万円くらいです。
御膳料は、5千円〜2万円くらいです。
また、卒塔婆代は、1本につきだいたい3,000円ぐらいで、御寺により異なってきます。