法事 お布施 封筒

法事のお布施の封筒について

法事に使うお布施の入れ物は、水引のついた袋なら関東は双銀か黒白の水引。
関西では、黄白の水引が多く使われます。奉書紙を畳み、墨書きをして使う方法もありますが、封筒も使用できます。
その場合は、郵便番号の印刷のない真っ白な縦型封筒にします。印刷された封筒も市販されています。

 

 

お車代とお膳料の封筒もありますので、必要な場合は揃えて使うとよいでしょう。
お布施の文字は印刷になっている物も多いですが、施主名はきちんと墨書きします。
菩提寺さんとのお付き合いが浅い場合もありますから、住所などもきちんと書くとよいでしょう。

 

 

法事はあらかじめ日が決められていて、葬儀ほど高額ではないので、使うお金は新券を用意します。
銀行の両替機では新券に替えられないので、前もって銀行や郵便局の窓口で必ず「新券にしてください」と口添えして依頼します。

 

 

必ずお盆に載せてお渡しします。
袱紗とセットになっている黒い切手盆があります。
普通のお盆でもいいのですが、なるべく落ち着いた色目の大きすぎない物にします。

 

 

菩提寺で法事をする場合は、お盆を持参するか、お盆の代わりにお菓子折りを台にして上にお布施を載せて一緒に差し上げる方法もあります。
葬祭場では、借りることができます。
手で直接渡す事と畳やテーブルに直接置くことは失礼になるので、忘れずに注意したいことです。